ガザビジ サポーターズクラブ勉強会vol.1 新たなお金の仕組み「社会的投資」  ゲスト:ARUN合同会社代表/NPO法人ARUN Seed代表理事 功能 聡子さん

Posted on Posted in Event, Past Event


寄付でもなく、短期的な利益を追求する投資とも異なる「社会的投資」
従来の「援助」とは異なる社会課題へのアプローチとして注目を集めています。

Japan Gaza Innovation Challenge(ガザビジ)では、現在、パレスチナ・ガザ地区の起業家支援に取り組んでいますが、この新しい「社会的投資」という方法にもチャレンジしたいと考えています。

そんな思いから企画する第1回勉強会では、社会的投資の先駆者であるARUN合同会社代表/NPO法人ARUN Seed代表理事 功能 聡子さんを講師にお迎えします。ARUNでは、途上国と日本をつなぐ社会的投資のプラットフォームを構築することを目的に、これまでカンボジアやインドネシアで社会課題の解決に取り組む社会起業家に投資をしていきました。その成果から、第三回日経ソーシャルイニシアチブ大賞国際部門賞を受賞し、功能さん自身もForbes JAPANが選ぶ「世界で闘う「日本の女性」55」アントレプレナー部門に選出されています。

今回の勉強会では、これまでの経験を交えながら、社会的投資の概念や意義を説明いただきます。また、功能さんは、今年の夏にはガザでのビジネスコンテストにも参加しており、功能さんの視点から見たガザの起業事情や若き起業家の特徴もお話しいただきます。

「”社会的投資”って聞いたことあるけど全く分からない」という方も大歓迎。ぜひガザビジメンバーや他の参加者と一緒に学びを深めていきましょう。多くの方のご参加、お待ちしています!

◇登壇者略歴 功能 聡子  ARUN合同会社代表、NPO法人ARUN Seed代表理事
国際基督教大学、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒。民間企業、アジア学院を経て1995年より10年間カンボジアに在住。NGO、JICA、世界銀行などの業務を通して、復興・開発支援に携わる。カンボジア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その必要性と可能性を確信しARUNを設立。日本発のグローバルな社会的投資プラットフォーム構築を目指して活動している。第三回日経ソーシャルイニシアチブ大賞国際部門賞受賞。(http://arunseed.jp/)

 

◇概要
◆日時:10月20日(金)19:15〜20:45
*会の後に懇親会を予定しています

◆場所:JICA地球ひろば 6F セミナールーム601・602
<アクセス>
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分
*地図はこちら

◆参加費:一般 1,000円、サポーター 無料

◆お申し込み:こちらのフォームからお申し込みください

<サポーターとは>
ガザビジが目指す「世界中の誰もが新しいことに挑戦できる世界」を作るコミュニティの一員として、世界の企業家の挑戦をサポートするとともに、イベント等を通じて、日本・世界各地のサポーターとのつながりを作っていただくものです。特典として勉強会へのご招待・特別イベントへの参加割引があるほか、メールマガジンによる活動でお届けします。

会費: 毎月1口 1,000円 お申込みは6ヶ月もしくは1年単位
会場にてお申込み・会費のお支払いを受け付けます。